自分を大切にする時間 "Me-time” のためのリラックスドリンクがまもなく誕生します
現在絶賛開発中!どうぞ楽しみにお待ちください


ほとんどのCBD製品は、体に良いことは分かっていても、素材の苦味のために、美味しく楽しく食べられる...というところまでは到達していません。

Leaflowは独自の製法で、日本品質ならではのおいしさを追求。
フレッシュで優しい香りと味わいは、飲んだ瞬間にリラックスさせてくれます。原料は、自社提携先のオーガニックで安心・安全な最高品質のCBDを使用することをお約束します。

Leaflowは、仕事、健康、ライフプランにストレスを抱えている方に寄り添い、サポートする製品です。


Most CBD products, while we know they are good for you, have not achieved the point where they are tasty and enjoyable to eat...due to the bitterness of the ingredients.

Leaflow's unique manufacturing process pursues the best taste of Japanese quality. Fresh and gentle aroma and taste will relax you at the moment you have it.
We promise that our ingredient has the highest quality, organic, safe and secure CBD from our own partners.

Our product is something to stay closer those who has stress with their work, health, and life-plan to support them.

Award

明治アクセラレーターにて初代優秀賞を受賞
株式会社明治さまとともにオープンイノベーションを進め製品開発を行いました

Honored to announce that we have been selected for "Meiji Accelerator".
プレスリリースはこちら



株式会社ゼロワンブースターによるビジネスコンテスト
"01 Start"の 第三期に採択されました

プレスリリースはこちら

Founders

代表取締役CEO

日本ではまだ数少ない女性のシリアルアントレプレナー。慶應義塾大学卒業後、デンマークの海運世界最大手Maersk Lineに入社。その後フリーランスの日英バイリンガルMC/通訳として主に国際会議等で活躍し、2013年株式会社キャリーオンを設立。2021年に前社キャリーオンを売却後、「明日を夢見る力を育む」をパーパスに掲げた株式会社Leaflowを設立し、世界が注目する有効成分である自社ブランドCBD商品の開発販売に着手。身体本来のバランスをととのえる働きをするCBD配合の飲料および食品を開発し、セルフケアトレンドの先導を切るとともに現代人が直面する社会課題を解決、新しいライフスタイルの提唱と定着に挑む。

代表取締役COO

立教大学在学中より編集者・ライターとしてのキャリアをスタートさせ、小学館、講談社等で活躍。自身も16冊の著作を刊行。サプライズエンタプライズ社を創業し、主に外資系企業のPR、ブランディング、ローカライゼーションを行う。主な取引先はLinkedIn、Spotify、Notion、カネボウ、BOBBI BROWN、アサヒビール等多岐にわたる。2021年7月、Covid-19によるパンデミックによって増加している不眠や不安、閉塞感を打破する製品を開発販売するため株式会社Leaflowを設立。アメリカを中心に世界中で急成長しているCBD製品の普及を目標として、現在製品開発中。

Company

  • 称号 株式会社Leaflow (読み:カブシキガイシャリーフロー)

  • 所在地  東京都港区南青山2-2-15

  • 資本金  2,900万円(資本剰余金含む)

  • 代表者  長森真希(ルイ) 井原美紀

  • 取引銀行  三菱UFJ銀行

  • 設立  2021年7月

  • 参照URL  https://www.smartround.com/startups/102962/profiles


Contact

info@leaflow.jp

商品や発売日に関する最新情報はTwitterをご覧ください!
https://twitter.com/leaflow0721

Unlock the door to a new world.